食材の保存方法 野菜編

別のページでまとめ買いが良いといいましたが、まとめて買っても野菜や果物は保存の仕方で長持ちするかどうかが決まってきます
今回は食材の保存方法についてまとめてみました

☆野菜の保存方法☆
「キャベツ」は、芯の部分をくりぬいた跡に濡れたキッチンペーパーを詰め込んで、ラップで包むか買い物袋などに入れて野菜室へ保存します
レタスの場合も同じように保存します
外の葉ははがしてからラップで包みます

「もやし」は、はっきり言って長持ちしません
買って2日くらいで食べ切るようにしましょう
袋を開けて野菜室で保存します

「ほうれん草」は、新聞紙に包んで根っこを下にして立てて保存すると長持ちします

「じゃがいも」は常温で保存します
でも室温が高い場合は野菜室で保存して下さい
水分がつかないように袋の口は開けて保存してください

「大根」は葉っぱの部分を切り落としてから新聞紙で包んで野菜室で保存します

「しそ」は濡らしたキッチンペーパーで茎の部分を巻いてからタッパーか保存パックに入れて保存します

「かいわれ大根」はラップをしてから野菜室で保存します

「とうがん」は常温保存できます
一ヶ月くらいは大丈夫です
カットのものはラップしてから野菜室で保存します

「かぼちゃ」は、風通しの良い所で常温で保存します
カットされた物はラップして野菜室で保存します

「小松菜」は濡らした新聞紙で包んでからビニール袋に入れて、立てて保存します
葉物は立てて保存すると良いといいます

「人参」は新聞かビニールに入れて野菜室で保存します
泥がついていても落とさない方が良いようです


カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2009 家計費節約の知恵. All rights reserved